競輪名勝負物語 第6回「悪天候の第30回競輪祭、山口健治がゴール前差す」

先頭誘導員が落車というアクシデント。

1988年 競輪祭決勝

1番 滝沢
2番 井上
3番 俵
4番 片山
5番 山口
6番 高橋
7番 松本
8番 松村
9番 佐藤